kinect利用増加

kinectの活躍の幅が

トップ / kinectの活躍の幅が

kinectのビジネス用途とは

kinectは、マイクロソフトが2010年に発売したカメラやマイクを使いそれらから得られた情報を処理して入力デバイスとする装置です。ゲームがその中心にありますが、近年はビジネス用途にも使われるようになっています。主に、認識機能を使って簡易的に労働者の疲労度を測定するものや、巡回警備ロボに搭載して入力デバイスとするもの、また腹腔鏡手術などカメラを見ながら行う手術のサポートなどです。kinectアプリの開発そのものは誰でも行うことが可能であり、アイデア次第でさまざまなビジネスやゲーム用途のものが開発できます。