インターネット性能

インターネットの種類

トップ / インターネットの種類

インターネットの回線種別

インターネットに接続する方法として、一般的に専用線接続とダイヤルアップ接続があります。どちらの方法も接続する為の回線が必要となりますが、現在、接続に使用されている主な回線を大まかに分類すると、電話(アナログ)、ISDN、ADSL、光ファイバーとなります。インターネットの中でも、ADSLや光ファイバーについては、接続スピードが高速なことからブロードバンドと呼ばれます。ダイヤルアップ接続で使用する電話(アナログ)やISDNは、接続スピードが128Kbps以下と低速なことから、ブロードバンドの対義語としてナローバンドと呼ばれています。

様々な種類の回線と接続方法

インターネットに接続するために必要な回線には様々な種類と接続方法があります。現在、普及が進められている光回線は通信に光を用いることで超高速・高品質な接続が可能になります。今でも多く使われているADSLは電話用の通信網を利用しています。ISDNはADSLの前身と言える存在で今となっては使いものにならないほど低速です。無線系では携帯電話会社の通信網やWiMAXのようなパソコン向け通信網があります。無線接続のため、接続に線が必要ないですが速度限界やトンネル内では通じにくくなるなど品質にも限界があります。このように、インターネットに繋ぐ方法は今では多くの種類があります。